ベアリング切削加工 シールド付加、グリース封入などもお任せ下さい
ベアリング加工メーカー三光精密 TOP > 切削加工

ベアリングに様々な機能を付加します

シールドを取り付けたり、油溝をつくるなど、ベアリングに新たな機能を付加する追加工で、お客様のご要望を満たします。

切削加工について

シールド加工   油溝・油穴・ノック加工   溝加工・a加工

シールド加工

単列深溝玉軸受にシールドを取り付ける加工(Z・ZZ)です。防塵対策が必要な場合や特殊環境用のグリースを封入する場合に有効です。
(加工できる商品は鉄リテーナに限ります。追加工できない型番もあります。)
複列アンギュラ玉軸受もリテーナの形状によりますが、加工できるタイプもあります。

加工例
6208C3→ZZ =6208ZZC3
5310→ZZ =5310ZZ
シールド加工
シールド加工

油溝・油穴・ノック加工

無給油タイプのベアリングに油溝、油穴を追加工します。また、ノック穴やキー溝加工も行います。

加工例
23060→E4 =23060E4
油溝・油穴・ノック加工
油溝・油穴・ノック加工

溝加工・a加工

溝の無い軸受に各種溝(N溝、V溝、R溝)を追加工できます。止め輪(NR)はほぼ全型式のリングを在庫しております。また、各種ベアリングの面取りを大きくすることが可能です。

溝加工・a加工

過去の加工を完全データベース化

お客様からの依頼、加工データは全てデータベース化し、15年間保管しています。加工技術とノウハウを蓄積すると同時に、アフターサポート体制、リピート品のさらなる短納期化につなげています。
過去の加工事例はこちら
ページトップへ戻る